(初心者向け)OpenJDKのインストール方法【Java Spring Boot開発環境構築①】

目次

はじめに

今回は、Java・Java Spring開発環境に必要な「OpenJDK」のインストール方法を書いていこうと思います。

今回から、何回かの記事に分けてJavaSpringの開発環境構築の内容を書いていくつもりです。

また、最後にはJava SpringとMySQLを接続して、GET,POSTができるシンプルなREST API を実際に作れるチュートリアル記事も書いていくつもりですので、是非参考にしてみてください(^^)/

OpenJDKのインストール

では、まず以下のリンクから公式サイトへ行きます。

あわせて読みたい
AdoptOpenJDK
AdoptOpenJDKAdoptOpenJDK provides prebuilt OpenJDK binaries from a fully open source set of build scripts and infrastructure. Supported platforms include Linux, macOS, Wind...

以下の画面が表示されるので、OpenJDKのバージョンとJVMを選択します。

使用したいバージョンを選択してください。今回は特に指定はないので、最新版を選択します。

JVM(Javaを動かすためのソフト)も同様に使用したいものがあればそちらを選択してください。

今回は特に指定がないので、 デフォルトのHotSpot を選択します。

選択したら、「Latest release」 ボタンをクリックします。

以下のようにインストーラがインストールされるので、クリックして開きます

もし以下のように表示されていなければ、お使いのPCのエクスプローラの[ダウンロード]に入っているので、開きましょう。

インストーラが起動し、以下のようにセットアップが始まります。「次へ」をクリックします。

以下の画面では、[✓]をつけて、「次へ」をクリックします。

次に、以下の画面では時に何もせずに「次へ」をクリックします。

次に「インストール」をクリックします。

インストールが始まるとこんな感じです。

完了すると以下の画面が表示されます。「完了」をクリックして終了します。

環境変数設定(JAVA HOME 追加)

次にOpenJDKを使用するにあたって、「JAVA HOME」の環境設定が必要になるので、設定を行います。

まず以下のように「env」とWindosの検索欄に入力すると、「環境変数を編集」が表示されるので、開きます

次に以下の画面で「新規」をクリックします。

すると、以下のダイアログが表示されるので、

「変数名」には「JAVA_HOME」と入力します。

次に、「変数値」にインストールしたOoenJDKの「jdk-{version}-hotspot」というファイルがあるディレクトリを設定します。

設定したら「OK」をクリックして閉じます。

以上が「OpenJDK」のインストール方法でした(^^)/

おわりに

Java は固いイメージが個人的にしていましたが、Java Spring の公式サイトに行っているとチュートリアルがかなり充実しており、日本語に翻訳されたサイトもあります。

また、サイトの雰囲気も見やすくチュートリアルも分かりやすい気がしました( ´∀` )

よかったらシェアしてね!
kuramasa
若手フロントエンドエンジニア
画面設計から開発までやっています。
未経験からこの業界に入り、日々勉強しつつ仕事してます。
勉強で躓いた内容や趣味の話を投稿していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる