Webアプリケーションの自社内開発企業に就職した話

目次

はじめに

久しぶりに、コラムみたいな日常的な話を少し書こうと思います。

自分は、以前プログラミングの勉強を始めた頃に「今までの経歴をもとに色んなことに気付かされた」という話を記事で書いたのですが、あれからもう一年くらいでしょうか。

約半年間勉強し、今年の3月ごろから就活を始め、無事1社から内定をいただきました。現在はそこで新卒扱いという形で、初歩的な研修を受けながら仕事をしています。

働き始めて、そろそろ1ヶ月になりますが職場の雰囲気とか研修の感想を書いてみます。

興味ある方は、ぜひサラーっと見ていただければと思います(^^)

職場の雰囲気

あまり具体的に書けないですが、職場の雰囲気はとても良好で、正直楽しいという気持ちが強いです。ストレスは多分前職や前々職と比べてかなり減ったと思います。

人として尊敬できる方ばかり

IT業界だからなのでしょうか?それとも偶然なのでしょうか?

職場の上司たちは、皆人として尊敬できるような方々で、丁寧かつ心がこもっているような、「ワンチーム」という気持ちを持っているような感じで、未熟な自分に対してもできないのは前提として、丁寧に教えてくださいます。

接し方や口調

職場では、「さん付け」で呼び合っており、口調は基本的に上司も部下も敬語です。なので、丁寧に感じたりするのかも知れません。

また、敬語なので言い方などに癖がなく、受け手側も言葉による気持ちの変動(きつい言い方などによる精神的ストレス)があまりなくお互いに気持ちよく仕事ができる状態を維持しているような気もします。

一般的な業務の手順書やマニュアルがしっかりある

入社初日に、いくつか書類を渡されたのですが、部署の一般的な業務や、細かい話で言えば、ゴミ出しの日や場所、部署の部屋の間取り図と一緒にどこに何があるか書かれていたりと、とにかく具体的な内容が書かれた書類でした。

そう言った書類以外にも、実際にPCの環境構築の手順が書かれたファイルなど、とにかく手厚いサポートがありました。前職や前々職には全くないことだったので、感動しました笑

研修について

具体的に何してるかはセキュリティ的にあまり書けませんが、本当にプログラムのこと知らない新人が来た程で、研修を始めてくださっているので、今までの復習になる内容や新しい内容など様々ですが、上司が忙しい中、ホワイトボードで座学と実地を交えて研修してくれています。正直、凄く分かりやすいです。

プログラムを人間に例えて話したり、説明の中で、途中途中で話の整理をして分からない事がないかなど、凄く自分に気を遣ってくださり、感謝と尊敬しかないです(^_^;)

いつもありがとうございます…

仕事が楽しい?

上で述べたように、部署の皆さんがとても良くして下さるので、人間関係においてのストレスはほぼ無く、強いて言うなら自分がまだまだ未熟であることに対してのもどかしさによるストレスがあるかなと言うところです。

プログラムのことやITの話など仕事する上で色々な知識が必要ではありますが、プログラミングの勉強を始めた頃から、ITに関する勉強全般に面白さを感じていたので研修も楽しい時間の一つではあります笑

前にプログラミングの勉強で独学かスクールかの記事書きましたが、その時に楽しく夢中になれるものだったから、研修でも何も苦無く楽しく取り組めているのだと思います。

今後も働き続けられそうか?

YESです!٩( ‘ω’ )و 笑

さらに言うと、

この部署の人たちとチームの一因になって自分も早く役に立ちたい!

この気持ちしかないです笑

とにかく、上司たちに恩返しと言う訳ではないですが、仕事で成果出して行動で感謝を伝えたいと思っています♪( ´▽`)

最後に

こう言った気持ちもこの入社したばかりでないと言葉にスラスラ書き出せないと思ったので、いつもの勉強てきな記事では無く、コラムみたいなものを書いてみました。

また、就活のときのエピソードも書こうと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。では、また!

コメント

コメントする

目次
閉じる